水の硬度について

水には軟水と呼ばれるものと硬水と呼ばれるものがあります。

なんとなく聞き流していた言葉かもしれませんが、実は水を選ぶ際にはかなり重視していきたい事なんです。

水が軟水や硬水になる基準は、水に含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウム)の量によって変わってきます。

雨水が色々な工程を経て、飲み水となっていますが、その雨水がどのようなところを流れたかによって硬度が変わります。

ミネラルウォーターもそれぞれ硬度が違いますよね?

それは、汲み上げられた場所が違っているからなんです。つまり、雨水が流れてきた環境が異なっているということです。

軟水・硬水をうまく使い分けることによって、生活にプラスになる事が非常に多くあります。

軟水には軟水の良いところ、硬水には硬水の良いところがそれぞれあるので、自分の体調や用途に合わせて飲み分けたり、使い分けたりするようにしましょう。

水の硬度を考慮してではありませんが、近年、水の安全性を考慮して市販のミネラルウォーターを購入したりウォーターサーバーを設置する人も増えてきています。

”健康のために”という考えは、水道水以外の水を飲みはじめるキッカケとなったようです。

水には硬度があることを認識し、用途に応じて水の硬度を使い分けることで健康や美容に思いがけない効果をもたらすことがあります。